柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

ベトナム子連れ旅②

どーも、さがみさがなかです。

 

ベトナムへの赴任準備として、住居選定、日本人学校の見学ということで、ワタクシの業務出張に合わせ、家族でベトナムへやってきた話の続きです。

 

翌日は、朝6時半にホテルをチェックアウトし、難波駅より、ラピートに乗車。

普段乗ることがない、特急列車に長女は大喜び。

 

そうしているうちに、あっという間に関西空港へ到着、すぐにチェックインと座席指定。

 

次女以外は、何も食べていないので、朝食を。たくさんレストランがあるのて、何にしようか。

 

で、妻の希望で、和食に。

 

子供がこぼしたり、騒いだりすることに気を取られ、全然ゆっくり出来ない。

そして、納豆が大好きな次女、机をべたべたにしながら、カップ納豆を満喫。

 

その後は、緊張の手荷物検査。

全く問題なく通過し、出国審査も終了。

 

後は搭乗を待つのみ。

 

この時点で疲れ切ったワタクシ、特に次女、5時間弱の飛行時間にどれくらいお昼寝してくれるか。。。

 

そんな事を考えていながら、いよいよ搭乗。

 

子連れという事で、優先搭乗となる。

これも貴重な経験。

実はワタクシ、ベトナム駐在者に人気のデルタゴールドカードを直前にゲットし、これによる優先搭乗権もあったのだ。

 

一番に乗れることが嬉しかったのか、長女は走って機内へ。

f:id:SagamiSaganaka:20191216194024j:image

 

バシネットを取り付けるため、正面にパネルのある座席である。

 

長女と妻にはゆっくり、映画やアニメを見てもらい、ワタクシは次女を抱っこして座る。

 

f:id:SagamiSaganaka:20191216192314j:image

小さな子供は、大人のシートベルトに、取り付けるこのシートベルトを使うようだ。

 

やっぱり自由に動けない機内、すぐに退屈し、機嫌が悪く、大きい声を出したりする。周りを気にしてしまい、落ち着かない。

 

そうこうしているうちに、機内食の時間がやってきた。次女にはベビーミールをオーダーしたが、瓶に入ったキューピーの離乳食。

もう家でも食べていないので、当然ながら食べたからず、大人の物をおすそ分けと子供向けのパン。

 

機内食が終わると、バシネットがやってきた。

 

f:id:SagamiSaganaka:20191216193303j:image

くつろぐ?次女。

 

少し妻に抱っこをお願い。

その後は、バシネットの中で熟睡。

 

ノイバイ空港まで約1時間のところで、お目覚め。

 

なんか臭うなと思い、オムツをのぞいてみると茶色い物体がいらっしゃった。

 

という事で、狭い機内のトイレで交換開始。

 

嫌がって泣く次女を押さえつけて、無事交換完了。

 

はぁ、とにかく疲れた。

 

長くなってきたので、今日はここまで。

 

1歳半の子供と海外へは、自分の中で、今回みたいな事が無ければ行かないし、国内線と言えども飛行機にすら乗らなかったかもしれない。

 

辛いけど、一生に一度の機会と思い大切にしよう!

 

と、しみじみ感じたのでした。