柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

【車の話】シャトルハイブリッドX

こんにちは。

さがみさがなかでございます。

 

 

以前のブログで紹介した社用車 フィットシャトルハイブリッドから、シャトルハイブリッドに代わって、半年以上経過。

 

走行距離は8,000km。

新車は人気で、皆が乗るから距離がそれなりに伸びる。

ワタクシも1,000km近くは運転したと思うので、感じた事を書こうと。

 

f:id:SagamiSaganaka:20191019214303j:image

 

2019年式 ホンダシャトル ハイブリッドX ミッドナイトブルービーム・メタリック

 

f:id:SagamiSaganaka:20191019215141j:image

f:id:SagamiSaganaka:20191019215154j:image

 

過去のシャトルハイブリッドと比較して、はっきり言って別物。

外も中も高級感、重厚感が付いて、進化したな〜と感じる。

 

全長が100mm伸びたそうだが、居住性、ラゲッジスペースに変化は感じない。

 

f:id:SagamiSaganaka:20191019215222j:image

ユニークなボックス。

f:id:SagamiSaganaka:20191019215245j:image

 

これに乗ってしまうと、もう一台あるフィットシャトルハイブリッドにはあまり乗りたくなくなる。

 

従来のガソリンエンジンが主で、モーターがアシストするハイブリッドでは無く、こちらはEV走行が可能な1モーターハイブリッドシステムで、フィーリングが全然違う。

 

いつエンジンが掛かっているのか全くわからない。

以前レンタカーで乗ったプリウスよりもはるかに良い!と思う。

 

 

特徴的なのは、7速デュアルクラッチトランスミッションだ。

マニュアルミッションをベースにクラッチが2つある、アレ。

 

初めて運転した時は、なんて気持ちの良い走りなんだろうと感動した。

 

CVTみたいに、滑った感じも、4ATみたいにゆったりした感じでも無いし。

 

マニュアルミッションみたいに、ガコッと変速の音が聞こえるのも最高だ。

 

そして、アクセルに対する反応も良い。

ヒューンという音と共に、鋭い加速を見せてくれる。

パドルシフトの反応もグッド!

 

高速道路の長い登りも、前のフィットシャトルハイブリッドよりも余裕がある。

 

ただし、フィットシャトルの方は車体が軽いこともあり、シャトルより軽快。ステアリングを切った時のクイックな反応は良かった。

たまに、乗ると、これはこれで良いね

 

高速道路を使った移動が多いこともあり、燃費も20km位は走る。素晴らしい!

 

と良いことも書いたが、気になる点も当然ある。

 

f:id:SagamiSaganaka:20191019221408j:image

高級感のあるピアノブラックのインパネ、手垢がつくし、エアコンのタッチスイッチはすぐに反応してしまい、使いにくい。何回も夏場にシートヒータースイッチを作動させてしまった。。

 

後、個人的には操作部分が下寄りにあるせいで、運転中の操作はしづらい。

 

普通のスイッチなら、押した感じがあるから、運転中でも温度調節がしやすかった。少なくとも前のフィットシャトルはブラインドタッチが出来た。

 

後、エンジンオンから、シフトレバーをすぐ動かしてもワンテンポ遅れること。

ゲームみたいなスティックだから仕方がないか。

 

そして、シャトルハイブリッドのせいでは無いが、カーナビが、速度超過、急減速、急ハンドル等を敏感に拾い、「安全運転を心掛けましょう」と煩いのだ。

安全運転をしているつもりなのだが…

 

色々書いたが、良い車だと思う。

 

とはいえ、所有したいかというと、ここは違う。会社の車だからであってワタクシはNV200のようなシンプルな車が好きなようだ。