柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

断乳セレモニー

こんばんは、

三連休の方、如何お過ごしでしょうか。

 

断乳セレモニーを実行中のさがみさがなかです。

 

1歳5ヶ月になった次女。

妻が通っている助産院にて、断乳を行うタイミングが決まり、この三連休に行うことになりました。

 

6年前の長女の断乳も同じくらいの月齢だったような。

この頃には母乳をそこまで飲まず、付添いの身としては、あまり大変だった記憶は無い。

 

しかし、こちらの次女は母乳が大好き。

昼間も寝る時も、夜泣きの時も母乳を飲んできた。

(お陰様で、夜中の寝かしつけは殆どしていない)

 

そんな次女が

断乳出来るのか、

ワタクシがサポート出来るのか

色々不安であった。

 

長女の時には通っていなかった助産院へ通っている事もあり、断乳プログラムが決まっているそう。

 

そのプログラムに書かれていたのが、タイトルにもある断乳セレモニー

 

最初に妻から見せられた時は、

セレモニーって…」って思ったが、

考えてみたら、子どもの成長の証であり、おめでたい事なのだと途中で感じた。

 

ざっくりだがプログラムの内容は、

断乳日を決めた後は、「もう大きくなったから、やめようね」等と話し掛けながら意識をさせていく。

断乳当日の朝、たっぷり飲ませた後、母は乳房にペンで顔を書いて、「おっぱいに顔さんが、出来ちゃったので、もう違うよ」といった感じで、おしまいを伝えるのだ。

そこからは、家族がフォローに当たる、

 

次女は、授乳の際に「お姉ちゃんになるからやめようね」と言われると、怒っていたそうだ。

 

助産院曰く、赤ちゃんとは言え、敏感に感じ取るらしく、茶化したりするのはNGだそう。

ワタクシもふざけて茶化したら、怒っていた。

 

そうして本日が断乳セレモニーとなる。

今朝も嬉しそうに最後の母乳を堪能していた。

そうして、乳房に顔を書いて見せたそう。(ワタクシは一切見ていない)

 

次女はびっくりして逃げたそう。

 

そこからはワタクシの出番。

少々泣きつつも、遊んだり、おやつを食べたりしたら機嫌良く過ごしてくれた。

 

問題は夜。妻は別室に寝てもらい、寝かしつけを行う。

ちゃんと寝るか心配だった。

 

いつも母に寄り添って母乳で寝ていたのに、今日はそうならないので、泣いて暴れて怒る。

 

仕方がないので、抱っこ紐に入れて外へお散歩。

少し歩くと、ようやく寝てくれた。

非常に疲れた。。。

 

身勝手なもので、頑張った自分へ?のご褒美という事で、缶ビールを購入。

 

半分後ろめたい気持ちだったのか、一口目でポップが器官に入って思い切り咳き込む。

全然美味しく飲めなかった。

 

まぁとにかく、寝ている次女の夜泣きが無いことを切に願うワタクシなのでした。