柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

【車の話】フィットシャトルハイブリッド

こんばんは。

さがみさがなかです。

 

7年間使用されてきた社用車のリースが満了となり、新しい車に代わることになりました。

 

他の部署から異動してきたので、ワタクシが乗っていた期間は約4年。

まだよく見かける車ですし、中古車を検討されている方がいらっしゃったらと思い、ワタクシが感じたところをブログにまとめようと思いました。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190319001841j:image

 

2012年3月登録のフィットシャトル ハイブリッドグレード。

車両本体価格 1,935,000円

 

フィットを間延びさせた見た目は、あまり好みでは無かったが、その分使い勝手は最高だった

 

f:id:SagamiSaganaka:20190319002359j:image

f:id:SagamiSaganaka:20190319002709j:image

 

ホンダ独自のセンタータンクレイアウト、低くてフラットなスペースが簡単に出来て、奥行180cm以上はある。

愛車の29インチMTBを試しに積んでみたらタイヤ外さずに余裕で積める!

高さこそ無いが、車中泊も余裕だと思った。

これは本当に素晴らしい。

 

軽1BOXもそうだが、シートがダイブダウンする構造は、やはり広く感じる。

 

さて、走りの方だが、1300ccガソリンエンジンにIMA(Integrated Motor Asist system)というハイブリッドシステムを組み合わせる。

 

ハイブリッド車の、トヨタプリウスプリウスαの感覚とは若干異なる。

ガソリンが主で、モーターが必要に応じてアシストする構造だそう。

そのせいか、モーターの力は殆ど感じない。

それでも低速からの加速は1300ccとは思えない、余裕を感じる。CVTと相まってスムーズ。

ただし、車速が上りアシストの無くなる速度域では、長い上りの続くバイパスや高速道路でのシチュエーションでは、「1300ccなんだな」と感じてしまう。

ただ、無理せず流れに乗って走る分には問題は無いと思う。

 

残念ながら、フィットシャトルのアクセルレスポンスはあまり良くない。もさっとした感じがする。

 

ワタクシの職場には、同2012年12月登録の同じフィットシャトルハイブリッドがあり、こちらは改良されたのか、アクセルレスポンスが良く、キビキビ走る。そのせいかは不明だが、CVTのキーンというノイズが気になる。

3月登録の車では、ノイズは気にならなかった。

 

ハイブリッド車だけに、燃費は抜群。

高速道路を使って移動することが多かった、絶えず20km/ℓ位走っていた。

画像はガソリン残量警告灯が点灯する直前。668km走っているが、航続可能距離はまだ87km残っている。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190319234033j:image

 

これに乗ると、ワタクシの1600ccエンジン+4ATを組み合わせるNV200バネットワゴンは平均して10kmくらいでもう少し燃費が良くなればいいのにと、いつも思ってしまう。

 

フィットシャトルハイブリッド、本当に良く出来た車だと思う。

 

広さや燃費だけでなく、視界も広く小回りが利き、優れたコストパフォーマンス。

重厚感の無さや、高速道路での安定感は今一つ等のネガもあるが、トータルで見るとバランスの良い車である。

 

ワタクシの中で、今の車中泊やトランポ、最低地上高等のこだわりが無ければ、フィットシャトルハイブリッドを選んでいると思う。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190320004140j:image

 

もう中古車しか手に入りませんが、個人的にはおすすめです。

 

ちなみに次の車は、これ。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190320004609j:image

 

後継車である、シャトル ハイブリッドX

7速デュアルクラッチトランスミッションが気になる。

 

乗ってみたら。また印象を書いてみようと思います。

 

ご覧頂き有難うございました。