柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

オカヤドカリ

さがみさがなかです。

長らく飼育していた、オカヤドカリが死んでしまいました。

彼(実際は不明)への感謝のため、ブログを投稿しました。

 

 

結婚直後から飼ってきたオカヤドカリが、昨日死んでしまった。

 

最初(2010年)は4匹購入し、

残念ながら2年程で3匹死んでしまった。

 

引っ越し(2015年)以降に、2回程(合わせて4匹)新しい仲間を入れたが、残念ながら、2年以内に死んでしまった。

 

しかし、1匹だけは最初からずっと生き続けてきた。

 

しかもこのオカヤドカリ、追加した仲間の脱皮を邪魔したり、死んだヤドカリの亡骸を食べたりしていた。

亡骸はすぐによけたが。。

 

 

オカヤドカリ自体、基本臆病で鑑賞されるのを好まない生き物だ。

 

このオカヤドカリは逞しく、普通はあまり見せないと言われる、食事の様子もいつでも見ることが出来た。

 

魚や亀のように水換えの必要もなく、温度と湿度を注意し、たまのフンの除去と、エサ、水やりだけなので、あまり手がかからない。

飼っていることさえ忘れてしまうこともあった。

 

そういうところからの慢心で、雑な飼育だったのかもしれない。

 

寿命の可能性もあるが、もう少しこまめに観てあげていたらと悔やまれる。

 

もう飼育をすることは無いと思うが、

約8年半の思い出をどうも有難う。

紛れのない、家族の一員でした。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190311082603j:image

長女が書いた、オカヤドカリ宛の手紙。