柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

鍵忘れた

おはようございます。

一昨日の夜、呑んで帰ったら、カバンの中に

「鍵が無い!!」

なんとか妻を起こして、ことなきを得た

さがみさがなかです。

鍵を忘れて家を出てしまったのです。

 

 

f:id:SagamiSaganaka:20190124074804j:image

 

 

時間は0時前、気温は2度位。

今まで、こんな事は一度も無かったので焦る焦る。

 

先ずはLINEにて、

「申し訳無いです。鍵忘れたので、玄関の鍵開けて下さいm(__)m」と一報。

 

しかし、なかなか既読にならない

うー寒い寒い、と思いながら10分経過。

次はLINE電話に挑戦。

だめだっ、これも出ない。

 

呼び鈴や固定電話は、9ヶ月の次女を起こしてしまうと厄介なので、出来るだけ避け、スマートな対応をしたい。

 

もう背に腹は変えられない。

呼び鈴を二回、ピンポーン〜ピンポーン〜

あぁ、集合住宅なのでこんな時間は近所迷惑だろうな。。。

 

でも出ない。

よし、最後は固定電話だ。

 

これも出ない

 

寒くてたまらないので、少し散歩をして身体を温め、次の行動に移そう。

 

くそっ、こんな一枚のドアに阻まれるなんて、

なんで起きないんだ。

こっちは寒い思いをしているのに。

 

だんだん身勝手でわがままな発想になっていく。

→そもそもお前が悪いんだろうが

 

少し歩こう。

頭を冷やさないと。

 

すると、LINE電話が!

妻「今どこにいるの?」

ワタクシ「もう5分以内に到着しますm(._.)m」

 

はぁー良かった。

 

やっと家に入り、妻に

謝り通したのであった。

妻曰く、何事かと思ったらしい…

そりゃあそうだ、逆の立場なら同じようなことを思う。

 

幸いにも起きる事はなかったみたいで、一安心。

 

妻「次忘れたらストラップね笑」

ワタクシ「いや、それは勘弁してください」

 

本当に気を付けないと。

肝に銘じるためにも、柊野日記に書いてみました。

 

本日から東京出張、お土産買って帰らないと〜

 

皆さま、どうかご注意を。