柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

腰痛

こんにちは。

腰痛で苦しみ、回復してきたさがみさがなかです。

 

年末に家族の具合が悪くなり、

次女の夜泣きと具合が悪く、夜の抱っこを長時間が数日間続き、

その後は少し調子が悪いなと思いつつ、ランニング、重い荷物を背負っての出張と、日に日に痛み出してきたが、湿布とコルセットで乗り切ろうとしたが、

10日木曜日、ついに歩くのが辛くなるほどに。

 

思えば、この頃からである。

 

寒い(筋肉の緊張)こともあり、布団から起き上がる、椅子から立ち上がる、歩く

全ての動作で痛みがあり、

腰の高さを一定にし、つま先立ちかつ衝撃を吸収しようとする

変な歩き方になってしまった。

 

仕事はなんとか乗り切り、

早く帰宅、近所の整形外科へ。

腰に負担が掛かる動作が多いので、炎症を起こしているみたい。

痛み止めと湿布で様子を見ることになる。

 

レントゲンを撮ったこともあるが、処方箋含め計4,000円弱の出費は、腰よりも痛い。

 

そもそもワタクシ、酷い腰痛やヘルニア持ちでは無いのだが、スポーツや重い荷物の取り扱い等で時々痛む事があった。

 

その中で忘れられないエピソードがある。初めてのギックリ腰だ。

 

約2年前の、2017年2月。

 

関東に住んでいた頃、大切にしていたマウンテンバイク、2015年の転勤後は忙しい事もあり全く乗らなくなってしまった。

 

現愛車のNV200バネットワゴン購入後、バンモデルならではのトランポ

として使いたいなとふと思い立ち

土曜日の午後から30分ほど走らせ、林道付近の公園に向かう。

 

 

f:id:SagamiSaganaka:20190112093334j:image

 

今見返してみたら、全然トランポでは無いな…

 

出発前、

少し腰が痛いなと思いながらも、

せっかくの好きな時間だし楽しもう!

と、車で到着後、前輪、後輪を取り付け、いざ林道へ。

 

2時間ほど散策しただろうか、

前日の雨で、ぬかるみが多く、汚れたタイヤのまま車に積むのは嫌だなと思い、

何を血迷ったか、川に自転車を入れて押し歩いた。

方向転換をしようとした、その瞬間。

あ、ヤバイ。と踏み止まったが、

もう手遅れ。

激しい腰の痛みが発生。。

心の中で、

「これがギックリ腰か〜、確かに動けないな〜」

と妙な納得をしつつも、現状のヤバさを認識。

 

時間は17時前、小雨が降り始め、電波は圏外、車は5m程上の土手に駐車中。

 

圏外なので、家族への連絡も出来ない。

2月で雨の山間部で、1人にはなりなくたい。

 

10分位だろうか、立ち止まり(というか動けない)、どうするべきか考えた。

 

①自転車を置いて、なんとか車に乗って帰る。

②自転車を車に積み込んで、普通に帰る。

 

置きっ放しにしてパクられても困るので、迷わず②を選択。

 

土手の上までは急な坂があり、

自転車を杖にするような感じで、非常にゆっくり登る。おそらく1m登るのに1分は掛かったかと。

 

なんとか車の前にたどり着き、前輪後輪を外して車の荷室へ。

力が入らず、持ち上がらない。

 

10回くらい挑戦してなんとか積み込んだ。

 

さて、また30分ほど掛けて家路につく。

まともに座る事が出来ず、ハンドルと身体がくっ付いたくらいの距離で、背筋をピンと伸ばして運転。

普通に座ろうとすると、対向車線にはみ出すのではという位の痛みだった。

 

なんとか家に帰り、夕食も取って、シャワーとサロメチールを塗りたぐって少し楽になったものの。

 

夜は寝返りのたびに痛みで起きてしまい、家族へ迷惑を掛けっ放しであった。

 

翌日は日曜日、コルセットを買ってきてもらい、ほぼ一日布団に入って過ごした。

月曜日は会社を休み、整形外科へ行き、レントゲン、痛み止め、湿布薬で、なんとか回復。

 

2日後には、泊まりの東京出張もこなす事が出来た。

 

4歳の娘は、「パパは、ビックリ星(?)になって家で寝ていた」と幼稚園の友達に言いふらしていたらしい。

 

という苦い思い出となった、腰痛の話でした。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190112170306j:image

この記念撮影の直後に河原へ降り、悲劇が始まるのだ。