柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

雪道の思い出②

おはようございます。

8ヶ月の次女の体調が良くなく、

元旦の帰省を断念しましたさがみさがなかです。。。

ワタクシの実家付近は大雪のようです。

 

http://www.kkr.mlit.go.jp/shiga/live2008/

 

車と雪にまつわるお話の2回目です。

 

こちらも過去の別ブログ引用です。

 

2014年1月

FF車と4WD車の差に驚き、

それから約1月程過ぎた20142月8日関東地方を中心に1回目の大雪が降った。

 

今回はスタッドレスタイヤが大変役に立った。15cm位の新雪もクリア。

 

f:id:SagamiSaganaka:20181228214209j:image

 

f:id:SagamiSaganaka:20181228214041j:image

 

f:id:SagamiSaganaka:20181228214048j:image

 

 

しかしながら大きな爪痕を残した

1週間後2月14日の大雪では

簡単に埋まってしまった。

 

f:id:SagamiSaganaka:20181228214214j:image

 

我が家の駐車場は縦列式、

周りは25cm位積もっただろうか。

 

轍のある道路を軽く雪掻きして2m程進んだ所で、前輪が埋まり、道路を斜めに塞いでスタックした。

日曜日は晴れたので固く締まった雪質の影響もあったのだろう。

まともなスコップも無く、細長い合板で雪掻きするも一向に脱け出せない。

後輪の下は、雪が溶けたアスファルトで、何の問題も無し。

 

仕方なくジャッキを取りだし、

前輪左右を順番に持ち上げて

エンジン下の雪を掻き出した。

最後は近所の方の助けを借りて脱出に成功した。

今思えば無謀であった。

近所の方の助けと一台も車が通らなかったのが救いでもあった。

 

ここで4WD車ならばどうだっただろうか。

後輪が駆動し脱出出来るであろう。しかしながら、簡単に走破出来ることに過信が出てきて埋まるのであろうことが判った気がした。

 

今まで所有した車は4WDだったので雪道で苦労したことは一度も無かった。FFのスプラッシュを所有し、4WDの能力と万一のリスクを学習する良い機会となった。


先ずはスコップと長靴を持つようにしないとな。

 

結局、4WDの車は買っていない。

 

横滑り防止装置やトラクションコントロール、ブレーキLSD等、電子制御デバイスによって、2WDでもある程度の走破性を持つからだ。

 

あの時、埋まってしまった道を、ノーマルタイヤフォルクスワーゲンゴルフは、前輪を空転させつつも通過して行った。

 

今回の場合、

スプラッシュ自体、ロードクリアランスが低い車であること、

自分の技量不足明らかな原因である。