柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

今更ながらGWのツーレポ 高島市マキノ町在原

昨日MTBに乗っててふと思いついた。GWのツーレポ作成しようと!

行き先 : 高島市マキノ町在原地区
日付 : 2013年5月4日

新旭町の実家を10時に出発、琵琶湖沿いを新旭~今津~マキノと湖岸道路を走り、R161に合流、老坂峠を越えて敦賀方面へR161を登ると、在原地区への入口が進行方向左側に、そこからは片側一車線の山道へ、崖崩れもありそうな感じだけど、さらに登って下ると集落が広がり在原地区に到着!ここで食すのは名物在原園の蕎麦、独特の食感と味で疲れが取れる(笑)
その後は道なりに進むとひたすら下る。29er+SSではスピードが出ない。でも下り恐怖症の自分にはちょうど良いスピードだ。下ればマキノ高原入口に到着する、そこから「新・日本街路樹百景」にも選ばれた「メタセコイア並木道」はすぐ近くである。並木道を楽しんだ後は、再び琵琶湖沿いを経由して帰宅。所要時間約4時間半、走行距離約50km
奥さんと子供から離れて(良い意味で)の初ツーリング、出発当初は何か不安だったけど、琵琶湖沿いを他のサイクリストを見てたら吹っ切れた。とても楽しい!
その感覚を忘れないためにもツーレポ作成しました。
出発して琵琶湖沿いを走る
今津を通過

イメージ 1

R161合流後、ひたすら登る。ここから暫く進むとここよりも道幅が狭くなる。抜いていく車はすれすれで怖いし、登りは辛い…

イメージ 2

在原への入口【在原口】から県道に入る

イメージ 3

山坂道を抜けると集落の入口へ

イメージ 4

お待ちかね、名物在原園の蕎麦

イメージ 5

ひたすら下った後はメタセコイア並木道!

イメージ 6

お疲れ!帰宅!