柊野日記〜Hiragino Diary〜

「人生一度きり、やりたい事やろう」なんて言われるけど、現実はそう簡単じゃない。少しでもやりたい事を追い求めていくブログ。

長女に転勤を伝えた話

こんばんは。

ハノイにやってきましたさがみさがなかです。

 

 

前回のブログにて、やるべきリストの中で最も重要と書いた、以下についてです。

 

12、家族のメンタルフォロー

(一番下に書いたが、これが一番重要であろう。ワタクシしっかりしなければ…)

 

1歳の次女はさておき、問題は小学一年生の長女である。そろそろ引っ越しと転勤の旨を伝えなければならない。

自動車売却で、変化に気が付くだろうし、そこで伝えるつもり。

 

 

 

最初は車を売却した後に、話そうと思ったが、それを待つと結構遅くなるので、思い切って先に話すことにした。

 

妻が先に、

「将来引越しがあるかも、外国かもしれない」

と言って探ったところ

「引越ししたくない、英語とか話せない!」

って感じだったそうな。

まぁ当然か…

 

ワタクシが伝えないといけないので、

日本人学校のホームページを見せてがら、外国だけど日本の子供しかいないから大丈夫だよ、というような伝え方を考えていた。

 

土曜日、皆で自宅でおやつを食べながら、ワタクシより一言。

 

ワタクシ 「〇〇ちゃん、2年生からここの小学校に引越しだよ」

パソコンを見せながら

長女「えぇー、どこ?」

ワタクシ「ハノイ、日本人の子供しかいないから大丈夫」

長女「行きたくない、なんで?」わーん。。。泣き出す

 

妻「パパはお仕事でハノイに行かないといけないの、1人では寂しいし〇〇ちゃんも一緒に来て欲しいの」

 

ワタクシ「そ、そうそう、来てくれたら頑張れるし!」

 

妻「それと、パパは12月になったら、先に行ってしまうの。先に行って皆が来る準備をしてくれるの」

ワタクシ「そ、そう。ちゃんと学校とか見ておくから、大丈夫」

 

わー、また泣く。

 

そこからは、妻が、こんな食べ物やお菓子があったり、こんな家に住むみたいな話をたくさんしたら、笑顔になってくれた。

 

長女「少し寂しいけど、頑張る!」

 

気持ちが切り替わったようだ。

よかった。一仕事を終えた感じ。

 

振り返ってみて、ワタクシ自身の伝え方、酷いと思った。反省。

 

妻がフォローしてくれたから良かったが、無ければ「仕方がないだろう」みたいな、おかしな方向に進んでいたかもしれない。

 

自分だって大変だが、ついていくその家族(子供)だって大変なのだと感じた。

ワタクシ以上に、これからの人生を左右するのであるから。

 

 

 

2カ月前

本日は10月1日、2019年も残り3ヶ月になりました。ほ、本当に早い。。。

 

さがみさがなかです。

今年の4月にベトナム赴任が決まり、当初予定の12月まで残り2カ月となりました。予定通りであれば、12月1日に現地赴任です。

 

 

色々とバタバタしている中、やるべき事の進捗が見えていない気がしてきたので、前回ブログの「やる事のまとめ」に対して現在がどうなのかを考えてみた。

 

それが5月のブログ↓

 

 

1、ベトナム語の学習

(超必須であり、毎日行うべき内容)

自己紹介と数字、曜日くらいしか覚えていない。。。

前回の出張で、英語が話せる人がかなり多いことを知り、少々安心してしまったのは事実。

ただそれも限られるので、もう少し覚えなくては。

 

2、ベトナム文化や生活の調査

(これも必須、行ってみないとわからないことも多い)

 

先月訪問し、僅かながら見えた気がする。

本当にわかるのは、家族がちゃんと暮らせてからだけどね。

 

3、ビザやパスポートの取得

(会社でやってもらえるようだが、理解は必要。娘2人のパスポート取得も)

 

まさに準備中。

この前、必ず必要な警察本部にて犯罪経歴証明書の取得を実施。

娘2人のパスポート取得も完了。

 

4、ワクチンの接種

(東南アジアで、日本には無い感染症や病気があるかもしれない。ましてや次女は1歳だ)

 

娘2人は、接種を開始。

ワタクシも昨日は、A型肝炎B型肝炎日本脳炎破傷風狂犬病と5種類も接種してきた…

妻もこれから接種していく。

 

5、ハノイでの住宅確保

(会社が中心に動くようだが、任せっきりには出来ない重要事項)

 

前回の訪問時に色々と回り、エリアと物件は大体決めてきた。

誰も赴任しておらず、会社は何も出来ない事も分かった…

 

6、日本人学校の申し込み

(これはまだよく分からない)

 

願書は記入したが、まだ申し込みは先だろう。

 

7、在留届や現地での銀行口座開設

(これが無いと始まらないであろう)

 

これはまだ先ではあるが、銀行口座の開設はそろそろ考えないといけない段階である。

 

8、クレジットカードや銀行口座の解約など

(日本の住所が無くなるため、これに対応したクレカや口座を残すことになる)

 

全く出来ていない。

これは少々急がねば。

 

9、スマホや生命保険等の内容変更

(まぁ当然であろう)

 

これも全く出来ていない。

急がねば。

 

10、車の売却

(数年の片思いでようやく購入した、NV200バネットワゴン あっけないお別れです。残価設定ローンのため、何か面倒臭そうだな)

 

自作の車中泊ベッド取り外し、売却に躊躇し、進まない。

それが終われば買取業者選定である。

一番面倒な課題かも。

 

 

11、住居の解約や転出届

(当然。家買ってなくて良かったと思う)

 

これは来年に実施。

 

12、不用品の整理

(滅多にない大きな断捨離が出来る機会。徹底的に行い、スリム化したい!目指せミニマリスト!?)

 

少しづつ、要らない物を売却したり、捨てたりし始めた。

ただ面倒な作業で、思ったより進んでいない。

 

12、家族のメンタルフォロー

(一番下に書いたが、これが一番重要であろう。ワタクシしっかりしなければ…)

 

1歳の次女はさておき、問題は小学一年生の長女である。そろそろ引っ越しと転勤の旨を伝えなければならない。

自動車売却で、変化に気が付くだろうし、そこで伝えるつもり。

 

こうして書き出すと、色々やるべき事があるのだなとマジで感じる。

 

 

断乳セレモニーの続き

こんにちは、さがみさがなかです。

 

 

上のブログの続きです。

 

断乳後の夜は、なかなか寝ないため抱っこ紐に入れて夜のお散歩。

 

ようやく寝てくれて、布団に入れたのが21時半。

 

夜泣きが無ければと思いながら、ブログを書き、うとうとしていたら、泣き出した。

 

妻は激しい乳房?の痛みで、寝込んでいる。

 

勝手に泣き止むかなと思っていたが、泣き止まない。時刻は1時。

 

ということで、再び抱っこ紐に入れて家の中を歩き回る。すぐに泣き止み、布団に入れるべく、降ろす。

 

が、背中が布団に触れると泣き出す。

 

チッ…

 

3回程繰り返して、ようやく寝てくれた。

 

次の夜泣きは、3時頃。

 

夜泣きの度に、授乳で過ごしてきた次女は、色々辛いのだろう。

 

お父さんも辛いのだよ。。。

 

抱っこ紐に入れて寝かす。

 

自分が、次女を抱えたまま、仰向けになり、布団へそっと降ろす。

 

泣かなかった。

ホッ。

 

次に泣いたのは6時。

眠い、きつい…

お腹が空いているのだろうと考え、お茶とバナナをあげると機嫌が良くなった。

 

月曜日が祝日で良かったと激しく思うと同時に、夜泣きに対応する妻の大変さ、そして感謝しないといけないと痛感したのであった。

 

乳房の痛み?が相変わらず激しい妻は、家にいてもらい、子供を外に連れ出す。

 

バタバタと過ごし、夜を迎える。

 

明日は三連休明けで仕事が忙しいし、夜泣きが無ければと思いながら、抱っこ紐で寝かしつける。

 

9時に寝てくれて、最初の夜泣きは3時半。

6時間も一気に寝てくれた。

有難い。

 

また寝かしつけて、次の夜泣きは6時前。

 

もう半分起きているので、適当にあやす。

 

ギリギリまで寝てしまい、会社への出社はギリギリ。

 

そして昨日夜。

帰宅も遅く、疲れてすぐに寝る。

 

今朝妻に聞いてみたら、一度も夜泣きをしなかったそう。

 

おぉすごい!

 

ついでに妻も助産院へ行き、乳房の痛み?も緩和されたそうな。

 

良かった良かった。

 

1つの成長に立ち会うことがある出来、よい思い出となりました。

 

 

断乳セレモニー

こんばんは、

三連休の方、如何お過ごしでしょうか。

 

断乳セレモニーを実行中のさがみさがなかです。

 

1歳5ヶ月になった次女。

妻が通っている助産院にて、断乳を行うタイミングが決まり、この三連休に行うことになりました。

 

6年前の長女の断乳も同じくらいの月齢だったような。

この頃には母乳をそこまで飲まず、付添いの身としては、あまり大変だった記憶は無い。

 

しかし、こちらの次女は母乳が大好き。

昼間も寝る時も、夜泣きの時も母乳を飲んできた。

(お陰様で、夜中の寝かしつけは殆どしていない)

 

そんな次女が

断乳出来るのか、

ワタクシがサポート出来るのか

色々不安であった。

 

長女の時には通っていなかった助産院へ通っている事もあり、断乳プログラムが決まっているそう。

 

そのプログラムに書かれていたのが、タイトルにもある断乳セレモニー

 

最初に妻から見せられた時は、

セレモニーって…」って思ったが、

考えてみたら、子どもの成長の証であり、おめでたい事なのだと途中で感じた。

 

ざっくりだがプログラムの内容は、

断乳日を決めた後は、「もう大きくなったから、やめようね」等と話し掛けながら意識をさせていく。

断乳当日の朝、たっぷり飲ませた後、母は乳房にペンで顔を書いて、「おっぱいに顔さんが、出来ちゃったので、もう違うよ」といった感じで、おしまいを伝えるのだ。

そこからは、家族がフォローに当たる、

 

次女は、授乳の際に「お姉ちゃんになるからやめようね」と言われると、怒っていたそうだ。

 

助産院曰く、赤ちゃんとは言え、敏感に感じ取るらしく、茶化したりするのはNGだそう。

ワタクシもふざけて茶化したら、怒っていた。

 

そうして本日が断乳セレモニーとなる。

今朝も嬉しそうに最後の母乳を堪能していた。

そうして、乳房に顔を書いて見せたそう。(ワタクシは一切見ていない)

 

次女はびっくりして逃げたそう。

 

そこからはワタクシの出番。

少々泣きつつも、遊んだり、おやつを食べたりしたら機嫌良く過ごしてくれた。

 

問題は夜。妻は別室に寝てもらい、寝かしつけを行う。

ちゃんと寝るか心配だった。

 

いつも母に寄り添って母乳で寝ていたのに、今日はそうならないので、泣いて暴れて怒る。

 

仕方がないので、抱っこ紐に入れて外へお散歩。

少し歩くと、ようやく寝てくれた。

非常に疲れた。。。

 

身勝手なもので、頑張った自分へ?のご褒美という事で、缶ビールを購入。

 

半分後ろめたい気持ちだったのか、一口目でポップが器官に入って思い切り咳き込む。

全然美味しく飲めなかった。

 

まぁとにかく、寝ている次女の夜泣きが無いことを切に願うワタクシなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム出張①

どーも。

こんばんは、さがみさがなかです。

ブログ更新をサボり、どこから再開しようか悩んでおりました。

 

先週はワタクシ、ベトナムハノイに出張してきました。

 

年内より現地への赴任が決まっており、それに関連するミーティング、住む家探しと言った目的です。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913012304j:image

関西空港よりベトナム航空を利用。

4時間のフライトでハノイ ノイバイ空港に到着。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913012219j:image

B787-9はとても静かで快適であった。

 

ハノイに到着してみると、まず感じたのは蒸し暑い。

 

湿度も高く、雨も結構降るみたい。

 

ベトナムの交通と言えば、やっぱりバイク。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913012400j:image
f:id:SagamiSaganaka:20190913012454j:image

画像でもそれなりに写っているが、実際はもっと多い。

 

 

日本でいう100〜125ccクラスのスクーター、スーパーカブスーパーカブにスクーターの外装を載せたデザイン等、多数。

ホンダが圧倒的に多く、75パーセント位に感じた。

他はヤマハ、ベスパ、SYM、プジョー等か。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913013153j:image

f:id:SagamiSaganaka:20190913012617j:image

f:id:SagamiSaganaka:20190917225856j:image

大きな荷物を積んだり、

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913013350j:image

2人乗り

赤ちゃんはこうやって乗るそう


f:id:SagamiSaganaka:20190913013355j:image

3人乗り
f:id:SagamiSaganaka:20190913013347j:image

4人乗り

 

車の隙間を縫うように走り、スマホ使いながら、食べながら、飲みながら、信号無視、酷い時は歩道を突っ込んできたりと、スリリングな姿が見られる。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190913013733j:image

 

実際に幅1mの歩道を、5〜6台が連続で走って来て怖い思いをした。

 

そしてベトナムと言えば、横断歩道を渡るのが難しいこと。

 

横断歩道にも関わらず、止まるバイクも車も一切なく、アイコンタクトしながら一歩ずつ進む感じである。

 

と文章にしたら簡単だが、バイクも車も動く障害物のように避けていくので、横断歩道の真ん中に立つのは、本当に恐怖だった。

 

とにかくバイクが強かった、

ハノイの第一印象でした。

 

次は、自動車事情でも書いてみようと思います。

 

 

 

 

だい久 仙台屋台ラーメン

こんばんは。さがみさがなかです。

 

休日出勤と、夜のトレーニングで疲れたワタクシ、久しぶりにジャンクな物が食べたくなりました。

 

先週の土曜、仙台旅行で立ち寄った川崎農産物直売所で買ったラーメンがあるのを思い出した。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831234252j:image

 

野菜の隣に、並んでいたカップラーメン。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831234437j:image

 

しょう油と味噌味があった。

値段は少々お高い税込378円。

 

「あっさりでおいしいよ 」「売れてます」 等が書かれていた。

 

何気にワタクシ、ローカルなラーメン気になるんです。

 

お名前は、だい久製麺 仙台屋台ラーメン 味噌味

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831234914j:image

 

パッケージを見てみると、賞味期限が9月4日。正に今食べなきゃなタイミング笑

 

ちなみに、だい久製麺は各種麺やつゆ等を製造販売している仙台の会社みたい。

 

 

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831234948j:image

紙のパッケージを外す。裏は作り方だ。

f:id:SagamiSaganaka:20190831235047j:image

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831235107j:image

麺、液体スープ、ネギ、メンマチャーシューセット の4つに分かれている。

f:id:SagamiSaganaka:20190831235214j:image

お湯を入れて蓋をして、その上に液体スープとチャーシューとメンマセットをのせて3分間待つ。

 

ワクワク♫

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831235326j:image

完成!

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831235417j:image

別の角度から。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831235447j:image

いざ実食♫

 

「………」

 

スープ

味噌味だが、出汁みたいな感じで、非常にマイルド。

 

細いちぢれ麺。

生麺では無い、普通のインスタント麺。

 

チャーシューとメンマ

チャーシューはゴワゴワ、メンマは美味しい。

 

税抜350円と決して安く無いので、結構期待してしまったせいか、何か物足りない感じ。

 

生麺だったら違った印象だったと思う。

 

でも、パッケージにも書いてあったが、「昔ながらの屋台の味」 そのものだ。

 

中学校の時、軽トラックの屋台のラーメン屋が家の前にやってきて、何故こんな田舎に来たのだろう?でも、

これは滅多に無いチャンスだと、家族で慌てて買って食べたあの時を思い出した。

 

丼も味も。

値段も500円以上して、高いと思ったことも。

 

この だい久 仙台屋台ラーメン 、何かを思い出させてくれる、優しいラーメンでした。

 

ごちそうさま!

 

 

 

 

 

 

 

【車の話】2017年式 プリウス

どーも。

さがみさがなかです。

 

8/24〜25の宮城旅行で、レンタカーを借りました。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190830214132j:image

 

それが、現行プリウスです。

パッと見てもグレードはわかりませんが、恐らく1.8Sかと。

 

仙台空港のバジェットレンタカーへはカローラを予約していたので、アップグレードとなってラッキー。

2日間、この車のお世話になるのだ。

 

マイナーチェンジ前とはいえ、現行プリウスは初めてなのでワクワクする。

 

オドメーターは30,000kmを少々超えた位で、まだまだ新しい。

 

チャイルドシートとジュニアシートを取り付けてもらい出発。

 

エコモードで走ったが、静かにスルスルと進む。かったるく感じることは一切なく乗りやすい。

 

青葉城周辺の急坂も、スムーズに登り、4人乗ってエアコンを結構使っても非力さは皆無。

 

仙台市から、蔵王町のホテルへと向かう。

 

市街地を抜け、国道286号線を通る。

郊外エリアに入り、車の流れが速くなるが、余裕の動力性能。

 

そして、柴田郡川崎町から国道457号に入る。全く車が走っておらず、ノーマルモードやパワーモードを試してみる。

 

ノーマルモードは、エコモードと大差ない感じ。アクセルレスポンスが、早かなったかな。

 

そしてパワーモード、これは速い。

踏んだ瞬間にシートに押し付けられ、あっという間に時速60kmから80kmに達する。アクセルレスポンスが良すぎる、つんのめりみたいな感じは無く、踏んだ分だけ、自然に力強い加速をする。

 

プリウスが速いのが、よくわかった瞬間だった。

 

国道457号はヘアピンカーブと急坂が多い。ステアリングはクイックなわけでもなく、無難な感じ。

ワインディングをあまり飛ばす車では無いと思った。

 

ただ、妻と長女は、車酔いをしてしまった。すまぬ。

 

翌日は、蔵王コスモスラインを通り、柴田郡村田町から山形自動車道東北自動車道を通って仙台市へ向かう。

 

昨日は、エコ運転の評価が低かったので、エアコンの温度、アクセルワークに気を付けながら運転した。

 

そのおかげか、メーター上の平均燃費は20kmを超えてくれた。

 

仙台駅で用事を済まし、夕方のフライトに向け、最後の運転。

名取市にて、ガソリンを入れた。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831211813j:image

129.3kmを走行。

 

f:id:SagamiSaganaka:20190831211921j:image

そして、9.33リットル給油。

 

129.3÷9.33=13.85km/リットル

 

ってええ〜!?

これしか走らないの!?

 

てっきり20km/リットル

位は走ると思っていた…

 

レンタカー屋が少し走った後に、トリップメーターをゼロにしたとしても、それは多少の誤差であろう。

 

ここまで悪いとは。

 

カタログ値との乖離が激しいなんて聞いたことがあるけど、これがそうなのかな?

 

自分のNVバネットで同じルートを走ったとしたら、11〜12km/リットル 位は行くと思う。

 

最後の燃費で、イメージが悪くなってしまったが、車自体は乗りやすく、パワーもあって良いと思ったし、売れるのも速いのも納得した!

 

燃費と後方視界があまり良く無いのが、個人的に気になるところだった。

 

でも良い経験が出来た!

 

伊丹空港から、NV200で阪神高速、第二阪奈を走って自宅へと向かう。

トルクフル(排気量の割には)な走りと、高い目線が落ち着く。

やっぱりマイカーが最高!!